利用する人

掃除機

近年、需要の拡大が著しいビジネスに掃除・清掃代行があります。
これはその名の通り建物の内外の清掃を所有者や入居者に代わって行うというビジネスです。
オフィスや学校などでは以前からおなじみでしたが、近年は一般家庭にも普及が進んでいます。
普及の要因には共働き世帯の増加や高齢者のみの世帯の増加などさまざまな要因があるとされていますが、つまりは家庭内における肉体作業の担い手が少なくなってきているためであるといえます。
掃除・清掃代行には大きく分けて3つのタイプがあります。
1つめは専門のハウスクリーニング業者です。
2つめはいわゆる便利屋と呼ばれる家事代行全般を手がけるサービス業者です。
そして3つめは昔ながらの家政婦というスタイルです。

ハウスクリーニング業者・便利屋・家政婦という3つのタイプにはそれぞれ特徴があり、サービス内容もさまざまです。
ハウスクリーニング業者の特徴は、何といっても専門性の高さです。
訓練が行き届いているため、技術も確かです。
特にエアコンなどの精密機器の分解・清掃作業には高い能力を発揮します。
一方、便利屋の場合は専門性の高さでは劣りますが、その分費用は総じて割安です。
力の要る単純作業を得意とする業者が多いので、庭の落ち葉掃きや高所の煤払いなどを依頼するのに向いています。
最後の家政婦は、本格的なクリーニングには向きませんが日々のこまめな掃除を依頼するのに向いています。
また特定の人と長期にわたって雇用関係を結ぶことが多いため、高齢者世帯の見守りを兼ねたサービスを期待することもできます。